ホーム > 教会案内 > 牧師コーナー

牧師コーナー

『草原の再編成について』 牧師コーナー(520)- 2018年2月11日

kyoukaiannnia 聖書的な教会形成を追求する家の教会において、最も重要な立場にあるのは牧者 です。私たちの教会には35 の牧場がありますが、独身の牧者が8 人、また、夫婦の 牧者が27 組おられます。魂の救いのために仕えることを自ら神様の前で誓約された 牧者こそ、私たちの教会の誇りであり、尊い証です。

そのように奉仕しておられる牧者を応援して支えるために、6 つの草原が組織され ています。そして、牧場の運営を始め、牧者を霊的に支えるために草原守夫婦が6 組 立てられています。草原守は、主任牧師である私を助け、教会を支える信徒牧会者で あると言えます。草原守の主な役割は、牧者たちの牧会者として仕えることです。

このため2、3 ヶ月毎に開かれる草原の集いでは、牧者のための牧場を行い、草原 守が支え、導いています。このような草原の集いが必要な理由は、牧者が牧場に仕 えるときに多くの労苦があるからです。牧場の集いでは、牧者としての責任がある ため、牧者は実際に疲れていても、なかなか「大変だ」とは言えません。しかし、 自分自身のニーズより牧員のニーズを優先する配慮のゆえに、自然に疲れがたまり やすくなり、多くのストレスを覚えるのです。もし、何も対処しないままそのよう な状態が続くと、霊的なスランプに陥る可能性が高くなります。

したがって、牧者たちは牧者としての荷を下ろして、励まされるために、共に様々 な課題を分かち合う必要があります。言い換えれば、草原の集いを通して、牧者た ちが牧員になることが大切です。そのような集いでは、牧者同士が奉仕のノウハウ を分かち合ったり、似たような問題を乗り越えた経験を分かち合ったりして、共に 解決の道を探ることができます。また、一緒に祈りながら、牧者が霊的に充電され る機会にもなります。もちろん、牧者の個人的な課題についても共に分かち合い、 励まし合い、慰め合いながら、共に奉仕の歩みを続けることができるのです。

今まで、牧場の増殖を数回経験することによって牧場の数は増えましたが、草原 の間で牧場の数に格差が生じています。そこで、より効果的に牧者を支え、草原本 来の目的を果たすために、草原の再編成に取り組みたいと思います。そして、草原 の再編は3 月末までに完了したいと願っています。そこで、各牧場の牧者には、希 望する草原守を熟慮して選んでいただき、その第一希望と第二希望を決めていただ くようお願い致します。

牧師コーナー一覧

『草原の再編成について』 牧師コーナー(520)
『道コースをもう一度受講しましょう』 牧師コーナー(519)
『VIP の教会生活』 牧師コーナー(518)
『礼拝時間が変わります』 牧師コーナー(517)
『新しい聖書の使用について』 牧師コーナー(516)
『食事当番奉仕について』 牧師コーナー(515)
『健康な教会』 牧師コーナー(514)
『美しい信仰の伝統』 牧師コーナー(513)
『牧者の報い(2)』 牧師コーナー(512)
『牧者の報い』 牧師コーナー(511)
『離婚について』 牧師コーナー(510)
『2週間後に教会総会があります』 牧師コーナー(508)
『収獲感謝祭』 牧師コーナー(507)
『2018年を備えましょう』 牧師コーナー(506)
『VIPを迎えるために』 牧師コーナー(505)

続きを見る

説教

dsgtvbweh

絶望するときにどうしますか? 2014年7月13日 副牧師 河野 晃

Posted on .
今週の聖書箇所(ヨブ記3:1-12、20-26)新改訳聖書第三版 1 その後、ヨブは口を開いて自分の生まれた日をのろった。 2 ヨブは声を出して言った。 3 私の生まれた日は滅びうせよ。「男の子が胎に宿った」と言ったその

Event