ある方が「偉大なる勘違い」というユーモアを紹介してくださったので、皆さんと分かち合い、共に考えたいと思います。「恋愛中の男女は、結婚すれば仲睦まじくなると思っている。姑は、息子が結婚しても妻より母を優先してくれると思っている。妻の両親は、婿たちが自分たちの財産に関心がないと思っている。男性たちは、不細工な女性を口説くのは簡単だと思っている。女性たちは、男性が同じ方向に歩いていると自分に関心があって付いてきていると思っている。親たちは、年を取ったら子どもたちが親孝行してくれると思っている。若い女性たちは、自分は絶対におばさんにならないと思っている。牧師たちは、自分が説教さえすれば信徒たちが恵まれると思っている」。

このような文章を読んでみると、これ以外にも私たちは多くの勘違いの中で生きていると感じます。特に教会(信仰)生活でよく経験する勘違いを分かち合いたいと思います。

牧師たちは、自分の説教をたくさん聞いて聖書勉強をたくさんすれば、信徒たちが変わると思っている。(信徒たちが変わらないのは、知識情報が足りないからではなく、学んで気づいたことを練習する実習の場がないからです。我が教会は牧場という実習の場があるので、信徒たちの生活は変えられるでしょう)

長老たちは、牧師の力量不足で教会が成長しないと思っている。(教会成長は牧師の牧会を助ける長老たちの積極的な協力と奉仕なしには、絶対に成り立ちません)

信徒たちは熱い霊的な体験をすれば、揺らぎない信仰が生まれると思っている。(10の災いを経験し、海を割る神の奇蹟を目撃したイスラエルの民たちは、不平を言い続けて神の力を疑いました。個人的な信仰の体験も大切ですが、絶対的なものではありません)

新来者たちは、イエス様を信じればすぐに天使のようになり、万事うまく行くと思っている。(イエス様を信じた後でも、相変わらず憎いと思う人がいたり、悪い習慣が残っていたりするので、自分が本当にイエス様を信じたのかと疑うようになります。しかし、生活と品性の変化は、神のことばを学び、従う実践を通して徐々に起こるものです)

勘違いは自分の執着につながります。いつも自分自身を点検しながら謙遜な信仰に生きましょう。 日本語の週報 ダウンロード↓↓
4er450db

韓国語の週報 ダウンロード↓↓
4433430db以前に、自身の健康のためにコーヒーを飲まずに、いつも梅茶を飲んでおられる方にお会いしたことがあります。その方はたばこを吸いながら私を見てこのように言いました。 

 「梅が健康に非常に良いんです。牧師先生も健康を気にされるお年になられたので、梅茶を飲んでください」。このことばを聞きながら私は心の中で笑いました。ある専門家のことばを思い出したからです。「梅は良いけれども、どれほど良いかという正確な研究結果はなく、役立つにはかなりの量を摂取しなければならないのです。梅のにおいがやっと感じる程度の少量を希釈して作ったお茶を飲んで健康になるものでしょうか」。健康を気にするなら、禁煙からすべきだったでしょう。

最近サプリメント(健康食品)を飲まれる方が多くおられます。しかし、ある程度の量をある期間飲むと、どのように健康に役立つのかという確実な研究結果はありません。酒と たばこを断って運動を定期的にすることの方がどんなサプリメントよりも良いと思います。基本を無視して枝葉的なことに気を遣う方々が多いように思います。

ダイエットも同様です。摂取する食べ物の量を減らすことが最も確実な方法です。明白な解決策を無視して、肉だけを食べて炭水化物を避けるとか、あるいは逆に、炭水化物を摂取して脂肪分を食べないようにするなどと主張される方を見ると残念に思います。

基本的なことを無視して枝葉的なことに集中する現象は、信仰生活にも見られます。主が与えてくださった戒めの中で最も基本になる二つの戒めがあります。心と体と思いを尽くして神を愛し、隣人を自分自身のように愛せよという「大命令」と、魂の救いと弟子づくりという「大使命」です。

キリスト者はこの基本的な教えに忠実に生きれば良いのです。多くの人々は、神の御心がわからないとたくさん疑います。魂を救い、弟子づくりをすれば良いのに、どの奉仕をすべきかわからないと悩む人々がいます。基本を無視して枝葉的なことに集中していると、方向感覚を失ってしまうので、悩んでしまうのではないでしょうか。信仰の大命令に集中するなら、さまざまな関係や問題は解決されるものです。そして、大使命に集中するなら、働きの方向性が明るくなるでしょう。