これまでの2年の間、コロナ感染予防のため対面の礼拝を禁止、または制限してきました。また、人と距離をとり続けてきたため、ネットでの礼拝に慣れてしまった方々がいらっしゃるようです。感染者が激減した今も、体温のチェックやアルコール消毒、マスクの着用を日常的に守ることによって、多くの活動が回復できていることに感謝します。ネット礼拝の便利さに慣れ、日曜日に礼拝堂に来ることを面倒や不便に思い、続けてネットで礼拝することに固執する方々がいらっしゃるようですが、これからは、自分の信仰とその動機を確認し、健康な信仰生活を取り戻す具体的な行動をするべきでしょう。
 第一は、主日共同礼拝を回復することです。ライブ中継で礼拝をささげている方の話を伺うと、最初は顔をきれいに洗い、着替えて身支度を整えてから礼拝をささげていたが、だんだん緊張感がなくなったと聞いています。従って信徒の皆さんが誠心誠意、礼拝をささげられるよう、助けることに最善を尽くすべきだと思います。ともに集い、ささげる礼拝を回復するために、可能であれば一時、礼拝の生配信を中断し、時間をあけてアップすることを検討しています。
 第二は、牧場の交わりを通常通りに戻すことです。もちろん、ネットを通して交わりを続けてきた方々もいらっしゃるようですが、集まって食事をしなくなりすでに2年が経ちます。そのため、集まって食事をしようとすると気まずくなることもあるでしょう。それは、牧場メンバー同士の、家族のような関係性が薄くなったことを意味するのではないでしょうか。これからは対面で集まり、交わることを備えていきましょう。コロナ感染を恐れる方々がいらっしゃるなら、食事は各自で済ませて、飲み物だけにすることを勧めます。すでに対面での交わりをもっている方々には感謝しています。そしてもう一つ、見直していただきたいことは「交わりの内容」です。2年近く、ネットを通して牧場の交わりを続けてきた結果、自分も知らないうちに参加だけを目的とするような、薄っぺらな交わりに慣れてしまった面はないでしょうか。牧場の交わりの中で、自分の内面で告白と悔い改めが伴わない時、またメンバーへの真の愛と仕える姿勢がない時、牧場の交わりに問題があると考えてみてください。そのためしばらくの間、深い交わりができるようなテーマをもち、交わることも一つの案になると思います。
 第三に、当然のことですが、道コースに参加することです。9月からは道コースを開講していますが、コロナ感染予防のために、道コースに参加できなかった方も多くいらっしゃいます。そのため、来年上半期には、牧場全メンバーが道コースに参加するよう働きかけるのを勧めます。

 趙 南洙師

日本語の週報 ダウンロード↓↓

4er450db

韓国語の週報 ダウンロード↓↓

4433430db
 雰囲気が楽しく、良い交わりができる牧場は、次の二つの原則をよく守っている牧場だと思います。以下の二つのことは、よく知っていても忘れがちなことですので、良いヒントをお伝えします。
 1. 何があっても、牧場の交わりは「毎週決められた時間」に集まりましょう。
 牧場の交わりは新約聖書の教え通り、家で集まる「小さな教会」です。招待キリスト教会の32個の牧場は、何があったとしても、毎週決められた時間に礼拝堂に集まり、家の教会共同礼拝を献げています。同様に、全ての牧場は何があったとしても集う人数は関係なく、必ず「毎週決められた時間」に牧場の交わりを持ちましょう。毎週の共同礼拝の時間を勝手に変えたり、休んだりしないことと同様に、牧場も同じ精神と態度を持って、毎週決められた時間に対面やZoomを用いて集まります。なぜなら、牧場は「小さな教会」だからです。
 特に気をつけるべきことは、牧場の曜日と時間を都合に合わせて変えないようにしましょう。このようにして家の教会(牧場)がしっかりと建てられたことは今までありません。もし、都合に合わせて集う時間を変えるのなら、変えたその時は楽かもしれませんが、牧場の定着は難しくなります。そのため、牧場メンバーたちと話して決めた交わりの曜日と時間は都合に合わせて勝手に変えたりせず、決めた原則に従って励まし合いましょう。そのように集う時、その牧場は堅く建てられるようになります。
 2.牧場の「交わりの原則」を全て守り、心と生活の話を分かち合いましょう。
 これから1ヶ月の間、交わりを導く全ての牧者は、まず次の「四つの交わりの原則」を牧場メンバー全員と一緒に覚えて、分かち合いをはじめてください。これらの原則を忘れた方や、まだわからない新来者の方もいらっしゃるからです。
 ①出来事より、出来事に対する感情と気持ちを分かち合いましょう。②答えを出したり、アドバイスをしようとせず、質問、または自分のことを分かち合いましょう。③参加していない人の話、またはネガティヴな話は避けましょう。④牧場で分かち合った内容を牧場の外では絶対話さないようにしましょう。
 以上の「二つのヒント」を共に守る時、牧場の交わりは根強く定着します。また、分かち合いが楽しく、豊かになって、ストレスを発散することができ、喜びも生まれるでしょう。そして、個々の祈りの課題を分かち合って祈り、1週間の中でメンバーたちのために、続けて毎日とりなしの祈りを献げる時、皆の祈りは答えられ、神様を体験するようになります。それだけではなく、牧場の交わりを通して、証しが豊かに与えられ、恵みがあふれるようになります。その時、御霊の導きによって、次の牧場の交わりが楽しみになる心が与えられるでしょう。

 趙 南洙師