先週の水曜日に東京都知事の記者会見で、都民に対して外出自粛を求める要請がありました。2020年東京オリンピックの開催が延期と決まった翌日から東京は新型コロナウイルスの新しい感染者数が突然倍になり、政府も都市封鎖の案まで持ち出す事態まで発展しています。私たちの教会からも何人もの神学生たちが通っている東京基督教大学も4月からの新学期を5月に延期すると今日発表しました。でも、そんな雰囲気とは裏腹に街の公園、商店街やモールには人混みが出来るほど人々が集まり、毎日都心は満員電車が走っています。何か少し矛盾した光景に戸惑う人も少なくないと思います。

では、こんな時に教会はこれからどんな計画を立てるべきでしょうか?先週までは3月一杯まではネット配信で礼拝を行い、4月5日から人数を制限して礼拝を再開する検討していました。ですが、毎日政府の発表や動きがある以上、今は何も断言出来ない状況にあります。このままであれば4月もネット配信で礼拝を守り、奉仕者以外の参加は続けて制限しながら行えればと思っています。4月中は教会内で一緒に食べる交わりも控えてもらいます。4月からネット配信での礼拝は9時30分に日本語礼拝、11時30分に韓国語礼拝(キッズ動画の配信)が持たれます。(NCC東京、品川での礼拝再開は来週中に決める予定です。) 

でも、こうなったことは教会に取って全てマイナスと言うわけでもありません。教会はもともと集まる共同体でもあり、世に散っていく共同体でもあるからです。だから、私が教会の皆さんに是非お願いしたいことが幾つかあります。

1)子供向けのYouTube動画を配信していますが、この機会に親が子供たちと一緒に聖書を読み聖書物語を子供に教えて下さい。本来、聖書的に見れば信仰教育は教会学校に任せるものではなく、親が責任を持ってやることです。子供たちに聖書を通して福音を教えて下さい。私たちの家族も良くやりますが、1010祈祷会も子供たちが寝る前に一緒に祈るのもお勧めです。この期間子供たちと信仰のことについて語り合う時間を持ちましょう。

2)普段教会に来てくれない家族を誘って一緒にネット配信の礼拝を捧げて見て下さい。教会に連れて来るのはハードルが高くても、家のリビングでネット礼拝なら抵抗はあまりないかも知れません。そして、礼拝の感想を聞いたり福音を分かち合う機会にして下さい。 

3)この期間、身近にいる人々への霊的ケアを続けましょう。牧員との連絡はもちろん、VIPや教会から離れやすい人々にも気を使い霊的に支えましょう。 

4)自己中心的にならないで、隣人愛を実践しましょう。先週から地域によってはスーパーで米が売り切れたり食糧買い占めが始まっています。 でも、こんな時期だから隣人たちと自分のものを分け合う祝福を追求しましょう。 

教会が集えないから教会で無くなるわけではありません。 礼拝がネット配信される今も私たちは生きた教会としてそれぞれの場所で働いています。 常に何が主に喜ばれる言動なのかを覚え散っている今もっと用いられる教会になって行きましょう。

チョ・ドリュー師 日本語の週報 ダウンロード↓↓
4er450db

日本語の週報 ダウンロード↓↓
4er450db

韓国語の週報 ダウンロード↓↓
4433430db