とても残念なことですが、日本の教会の現状は、魂の救いのための情熱と能力が失われたままです。日本宣教の不振に対する内外的な原因と分析の文章に共感しますが、問題は、このような宣教の暗い現状を克服するために、私たち自らが探さなければならないと思います。
 私たちは魂の救いのために、この世を変えることができる二つの武器を神様からいただきました。真理である聖書のみことばと、真理の御霊である聖霊の力です。欺きの世の壁を砕き、滅びの牢獄に閉じ込められた魂を救うためには、みことばと聖霊の力によってこの世界を変えなければなりません。
 しかし、残念なことに、このような魂の救いの召命があるにもかかわらず、サタンの戦略に欺かれ無気力になり、教会の信徒が密かにサタンの戦略を助ける役割を果たすという心の痛い現実があります。
 サタンの戦略の1番目は、スローガンを叫ばせることです。時間も富も関心も捧げずに人生を生きているのに、その言葉さえ叫んでいれば魂が救われると錯覚させます。魂を救うための教えと学びさえあれば良いと思わせるのです。魂の救いが存在目的である教会の中であっても、このように悲惨な状況に陥ってしまう姿を見る時があります。
 サタンの戦略の2番目は、生き方を通して伝道すればいいから、というものです。実際には伝道はしておらず、未信者を見ても気の毒に思ったり、かわいそうに思ったりもしません。言葉で強引にアプローチするのではなく、もっと効果的に、生き方を通して伝道をするからと言い訳しながら、現実では魂の救いのための具体的な関心も、情熱も注ぎません。もちろん生き方を通した伝道はとても重要でしょう。しかし、生き方を通した伝道のためには、必ず、伝道する意欲と福音のみことばを持っていなければなりません。
 サタンの戦略の3番目は、「やってみたけど、できませんでした。」という敗北意識です。魂の救いは激しい霊的戦いです。魂の救いを諦めるということは、教会の存在目的自体を諦めるということです。絶えず戦い続ければ、必ず神様は、私たちを通して魂の救いの勝利を得させてくださいます。失った魂のために、十字架上で叫ばれたキリストの声が、私たちの心の中に響きわたることを願います。
 サタンの戦略の4番目は、道徳的成長を強調し、キリストの福音を宗教的修業に変えることです。魂を救う伝道より、聖化が重要であると教理的教えを優先させます。これも倫理が成長だという欺きです。罪人が救われ、神様の子どもになることこそが、神様に立ち帰る聖化であり、神の国の到来なのです。

 趙 南洙師

日本語の週報 ダウンロード↓↓

4er450db

韓国語の週報 ダウンロード↓↓

4433430db
 私は、家の教会の牧者として召され、仕えてくださる信徒の方々を誇りに思います。また、その方々の恵みある人生のために祈り、支えることが牧師である私の使命だと考えています。牧者の奉仕は完走しなければならないマラソンのようなものです。祝福をいただくために、三つの勧めをしたいと思います。
 まず一つ目は、全体を俯瞰(ふかん)して見ることができる牧者になってください。新約教会の回復という神様のご計画の中で、キリスト教の歴史を作り上げていく主役として神様に遣わされていることを忘れないでください。神様のご計画の完成のために用いられているという自信を持ち、あなたに任された奉仕に取り組んでください。これらのことから必要な力が満たされます。
 二つ目は、魂の救いを最優先とする牧者になってください。魂の救いという言葉そのものにプレッシャーやストレスを感じる理由は、義務感から取り組んでいるからです。「未信者は神様の前でどのような存在なのか?」と考えながら、家出をした息子を待っている父の気持ちを想像してみましょう。5人家族で一緒に遊園地に出かけたのに、ひとりが約束の時間まで戻らない時、そのまま帰る家族はどこにもいません。見つけるまで探し、走り続けるでしょう。魂を求める心を持って、「私たちの牧場でなければ救われない人を送ってください。VIPが来た時には、神様が送ってくださった魂であると信じて、愛し仕えることができますように。その力を与えてください。」と祈りつつ備えるならば、神様はVIPを送ってくださいます。神様は、誰にVIPの魂を託すでしょうか?神さまはその魂を託せるしもべを求めるお方です。神様は、誰一人滅びることなく魂の救いを得ることを望むあわれみの父です。一人の魂が主の御前に立ち帰る喜びを経験する時、牧者は初めて牧場の存在意義を味わうでしょう。
 三つ目は、御国の報いを待ち望む牧者になってください。私たちの労苦は主にあって無駄になりません。無駄にならないということは報いがあるということです。そのため、牧者はゆらぐことなく堅く立つ必要があります。しかし、牧者は労苦が報われない時、また人からわかってもらえない時、孤独でゆるがされることもあると思います。しかし、神様から託された使命であると信じ、最後まで忠実に果たさなければなりません。実りがなくても、人からわかってもらえなくても、神様に対するゆるがない信仰が明らかにされる時と信じ、また御国の報いだけを待ち望むチャンスだと信じ、最後まで忠実であることが重要です。なぜなら、神様はあなたの全てを知っておられるからです。

 趙 南洙師