私たちは隣人を通して訓練も受け、成熟への人生を学びます。それで私たちは繰り返して 隣人のゆえに試みに陥り、その人のゆえにつまずいてしまう場合が多くあります。 私も牧師をしながらよく経験していますが、牧場に仕えておられる牧者の方々も同じだと 思います。人がどれほど大事であり、人がどれほど怖い存在でもあるか、人間は本当に 様々であることについてひしひし体験させられていると思います。ひとりの人が主イエスを信じ、変えられ、主の弟子として歩む姿を支えるのは何よりも尊い働きであり、なにものにも代えられない貴重な奉仕であります。しかし時々私たちを苦しめ、私たちの奉仕を 疲れさせる人々がいるのも事実です。

それはどのような人でしょうか。自分は本気で支え仕えたいのに、本当に主イエスのような心構えで奉仕したいのに、この大事な奉仕を妨害する人は誰なのか。という問いに真剣に考えてみたでしょうか。この問いに真剣に考えた人なら意外な答えを見つけ出すことが きると思います。教会に初めて来た方や信仰について確信のない人々なら少し時間がかかるだけであり、奉仕者の心に酷い傷を与えることはしません。ところが牧者を教えようと したり、ある日突然現れて牧者の心になかなか消せない傷を与え、又しばらく現れない その人は自ら聖書も信仰もよく知っている人々であります。

誰も認めていないのに、自分は主の御心に従って祈っているし、自分は神学的であり、 教会のルールもよく知っている人間だと錯覚しつつ、長い教会生活を自慢する人々であり ます。残念ながら熱心に奉仕している信徒の献身には全く興味がありません。

このような人はどの教会にも存在し、どの牧場でも一人くらいは訪問して来たかも知れ ません。その時は、大きく深呼吸をし、神様がこの私を愛して臨時教師を送って くださったんだと思ってください。わざわざ時間を費やして心を痛めながらそのような 人を世話する必要はないだろうと思います。

何故ならば、その人には学ぼうとする姿勢がありませんし、神様がその人を通して牧場と牧者の忍耐心を訓練させるだけであります。もし牧場にそのような人が一人でもいるなら、そのように思ってください。神様は弱い私たちをもっと用いてくださるためにそのような 人を通してもっと訓練させておられると思います。 日本語の週報 ダウンロード↓↓
4er450db

韓国語の週報 ダウンロード↓↓
4433430dbわが教会の規則によって来週の2部礼拝後に開催される教会総会にて5名の役員選出のための選挙が行われます。投票権のある教会員は、ぜひわが教会に必要であると思われる 人材を奉仕者として選出してくださるようにお願いします。

すでに3週間前にお知らせしたように、役員会は役員選挙に対する内規を改定し、 今年度より適用することにしました。改定された選挙方式では、改選すべき役員人数の 倍数を候補者として推薦し、教会総会で投票して選出することになります。 改定された内規にしたがって、役員候補者推薦委員会は担任牧師を含めて引退した 役員経験者6名によって構成され、先週教会で集まり次のように10名の役員候補者を 推薦することになりました。

候補者は次の通りです。男性6名で金城富男兄、北見俊守兄、徐大成兄、月城信明兄、安岡卓朗兄、山下廣兄、女性4名で金貴英姉、崔美英姉、丸山ゆかり姉、矢崎朝子姉です。(今回改選される役員は男性3名、女性2名)候補者として推薦された方々は教会規則に したがって、主日礼拝出席85%以上であり、収入の十分の一を誠実に捧げてこられた方たちです。また、わが教会が最も大切にしているたましいの救いの現場である、家の教会の 牧者として献身し仕えている方々です。

ぜひ一週間を祈り備えて、教会のかしらである主が喜ばれる役員を選んでください。 お願いしたいことは、牧場内で候補者に対する情報交換はよろしいですが、誰を選んで ほしいという選挙運動はしないでください。

候補者推薦委員会の一同が異口同音に大変残念に思われたことがありました。聖書が 約束された祝福の道として教えてくださっている十分の一を正しく捧げている 教会員がとても少なかった点でした。教会規則にも会員信徒は規定された献金を 捧げる義務があると明記しているにも関わらず、守られていないことに驚き、 わが教会がもっと祈り、聖書の教えにしたがって実践できるように改善して行く ことを確認しました。

祈り求めても神の応答がなく、いろんな苦しみとともに、経済的にも平安がない日々が 続いているなら、神様との関係の中で自分たちの信仰を確かめるべきでは ないかと思います。この牧師はわが教会の全信徒が神様より祝福されるようにお祈りして おります。